スウェーデンChalmers工科大学は2014年10月2日、Chemical and Biological Engineering学科Systems Biology専攻のJerns Nielsen教授率いる研究チームが、酵母は単純な遺伝的変異で標準より高い温度で増殖させることができることを実証したと発表した。研究チームは研究室においてadaptive evolution(適応進化)法を用いて40℃以上の温度でも増殖しエタノールを生成する耐熱性(thermotolerant)酵母株を分離した。この研究成果は自動車用燃料として使用されるバイオエタノールをより効率的に生産できる可能性を開いた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)