2014年10月8日、ノーベル化学賞が発表された。対象となったのは、光学顕微鏡の分解能の壁を破った超解像顕微鏡であるSTED(Stimulated Emission Depletion:誘導放出制御)顕微鏡の開発とPALM(Photoactivated localization microscopy:光活性化局在性顕微鏡)の基盤技術だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)