エネルギー資源開発、SOLや中国商社と提携し、バイオマス燃料調達先を増やす

(2014.10.07 00:00)1pt
加藤勇治

 バイオマス燃料の供給や発電に関するコンサルティングを行うエネルギー資源開発(東京・千代田、家長将典社長)は、10月6日、バイオマス燃料貯蔵基地を福岡県北九州市に建設するとともに、バイオマス原料としてSOL Holdingsや中国の香港王新光集団と提携したと発表した。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧