日東電工は2014年10月6日、肝硬変などの臓器線維症の治療に用いるsiRNA治療薬候補であるND-L02-s0201のフェーズIbを米国で始めると発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)