9月18日に京都大学iPS細胞研究所(CiRA)が公表した、軟骨無形成症の患者由来iPS細胞から分化させた軟骨細胞にスタチンを投与することで軟骨形成が回復したという研究成果は、再生医療と並ぶiPS細胞応用のもう1つの柱、医薬品スクリーニングに一般の目を向けさせた。と同時に、ドラッグリポジショニングという面からも、新たな手法を提示した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)