癌細胞とマクロファージの相互作用による癌の発生について研究を進めているのが、金沢大学がん進展制御研究所臨床遺伝学研究分野教授の大島正伸氏らのグループだ。この癌細胞に作用するマクロファージに関する研究の最新動向について大島氏に聞いた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)