癌幹細胞創薬の研究で、酸化ストレスに対する抵抗性機序を標的とした治療などについて成果を挙げてきたのが、慶應義塾大学先端医科学研究所遺伝子制御研究部門教授の佐谷秀行氏らのグループだ。佐谷氏に癌幹細胞を標的とすることの意味や研究アプローチについて聞いた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)