2014年9月30日、東レが血中に含まれる蛋白質を約20分で定量できる研究用装置「RAY-FAST」の販売をスタートさせた。同時に、炎症性サイトカインの一種であるIL6を定量する専用チップも販売もする。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)