アジア細胞治療学会(ACTO)は2014年10月1日、メディア向け会見を開催した。同学会は11月10日から12日に大阪市で、第5回年次総会を実施する。会見では、学会の下坂皓洋理事長、大会会長で東京女子医科大学先端生命科学研究所の岡野光夫教授が学会の成り立ちや年次総会の意義について説明した。また、中耳を対象とした再生医療の実用化に取り組んでいる東京慈恵会医科大学の小島博己教授がこれまでの研究成果について講演した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)