癌組織を作り得る細胞が癌幹細胞であり、癌幹細胞は単独では存在できず、ニッチが必要である。このニッチが幹細胞を維持する仕組みから癌治療を目指したい。慶應義塾大学発生・分化生物学教授の須田年生氏は、幹細胞を維持するニッチを対象に研究を進めている。須田氏に癌幹細胞とニッチについて聞いた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)