癌幹細胞研究を進める上で免疫系の役割は少なくない。今の研究に別の視点を加えていく必要がある。北海道大学遺伝子病制御研究所幹細胞生物学分野教授の近藤亨氏に、これまで行ってきたグリオーマやメラノーマの研究の経験から癌幹細胞研究のポイントを聞いた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)