癌組織は癌細胞だけではなく、様々な細胞が集まって構成されている。しかも薬剤に対する感受性に関わる細胞も存在する。国立がん研究センター東病院臨床開発センター臨床腫瘍病理分野ユニット長の石井源一郎氏、愛知県がんセンター中央病院呼吸器内科部の吉田達哉氏らは、9月25日から横浜市で開催された第73回日本癌学会学術総会で、EGFR-TKIの初期抵抗性に関する新しい知見を報告した。石井氏に研究の詳細を聞いた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)