ヒトパラインフルエンザ2型ウイルス(HPIV2)のベクターに使った、日本発の経鼻結核菌ワクチンの開発が進んでいる。2014年9月16日、同ワクチンを開発した医薬基盤研究所霊長類医科学研究センターの保富康宏センター長が本誌の取材に応じ、開発状況について明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)