材料科学技術振興財団(東京・世田谷、沖村憲樹理事長)は2014年9月24日、第14回山崎貞一賞の受賞者を4分野8人に決定したと発表した。バイオテクノロジーと関係が深い受賞者は、升島努・理化学研究所生命システム研究センター(QBiC)一細胞質量分析研究チームチームリーダーと、長瀬博・筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構(IIIS)教授の2人。11月21日に日本学士院(東京・上野)で贈呈式と受賞者講演が行われる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)