Toll様受容体(TLR)9を活性化するアジュバントとして期待され、世界中で開発が本格化しているヒト型CpGオリゴデオキシヌクレオチド(ODN)。アジュバント研究で世界のトップをいく医薬基盤研究所アジュバント研究プロジェクトの石井健プロジェクトリーダー(大阪大学免疫フロンティア研究センター招聘教授)が、2014年9月9日、複数の新規アジュバントの研究開発状況について本誌の取材に応じた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)