先週、DNAチップの大手である米Affymetrix社の最高経営責任者Frank Witney氏と東京の日本支社でお会いしました。無礼かとも思いましたが、私の唯一の質問は「次世代シーケンサーが商業化した今、DNAチップは生き残れるのか?」。思い切って訪ねたところ、私の想像(カスタムチップでの生き残り)とはまったく異なる意見が返ってきました。

 ここからは申し訳ありませんが、Wmの憂鬱Premiumサイト(https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/)から有料でお読み願います(個人カード払い限定、月間500円で100本まで読み放題)。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら