組換えイチゴや組換えバキュロウイルスを用いた動物用医薬品が相次いで発売された。医薬品開発に有効と取り組まれてきた技術が動物向けで先行して実用化した。課題の解決が進んでいなかった動物薬領域で最新の技術が活躍する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)