9月1日に開催された医薬品医療機器総合機構(PMDA)のワークショップ「コンパニオン診断薬~開発及び評価の考え方と課題~」で、次世代シーケンサー(NGS)によるマルチプレックス診断の臨床応用について議論された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)