理化学研究所再生・発生科学総合研究センターと先端医療振興財団先端医療センターが、2014年9月12日午前中から準備に入り、iPS細胞由来の細胞を患者に移植する臨床研究に踏み切った。世界初の臨床研究が始まった。詳細は夕方までに続報する。



 関連記事は以下からアクセスできる。

Wmの憂鬱、世界発のiPS細胞臨床研究の3つの誤解

Wmの憂鬱、特報、厚生労働省、世界初のiPS細胞の再生医療臨床研究にゴーサイン

Wmの憂鬱、訂正、突如浮上したiPS細胞臨床研究の遅延の可能性

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら