エーザイ筑波研究所バイオ医薬品開発研究部は、東洋紡のCHO用発現ベクター「PowerExpress System」を用いて高い安全性と抗体の高産生能を有するCHO株を3カ月以内で構築した。札幌市で開かれている第66回日本生物工学会大会で清水正史氏が発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)