Toll様受容体(TLRs)とヌクレオチド結合オリゴマー形成ドメイン(NOD)様受容体(NLRs)に対するリガンドは、アジュバント候補となり得るため、特定の病原体を標的としたより有効で安全なワクチンの作製を目指す研究者たちの注目を集めている。カナダToronto大学のCharles Maisonneuve氏らは、アジュバント研究領域における最近の発見の中でも、特にTLRとNLRに対するリガンドのアジュバントとしての可能性と、それらの獲得免疫反応への影響についてレビューを行い、PNAS誌電子版に、2014年8月24日に報告した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)