西アフリカで流行が続くエボラ出血熱に対する有効性が確認され、注目を集めているアビガン(アビガン)。アビガンはインフルエンザに対する臨床試験は終了しており、ヒトでの薬物動態や安全性などはある程度データが公表されている。薬剤の開発に携わった富山大学医学部ウイルス学の白木公康教授に、エボラ出血熱に対するアビガンの可能性について聞いた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)