第2回Dアミノ酸国際会議(IDARー2014)が2014年9月2日から宇都宮市で開幕した。会頭は、 国際医療福祉大学薬学部の金野柳一教授が務め、9月5日までの4日間で200人以上の参加が見込まれる。IDARの開催地は、09年7月に兵庫県淡路島で開催された第1回Dアミノ酸国際学会(IDAR-2009、会頭は京都大学原子炉実験所放射線生命科学研究部門の藤井紀子教授)に続いて第2回も日本になった。D-アミノ酸の分析技術で日本が特に秀でた実績を持つことを反映している。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)