今号のオンライン閲覧のトップ1と2は、東北大学が開発した、ペプチドと糖鎖の両方を同時に認識する抗体の記事だった。がん細胞と正常細胞とでは、糖鎖パターンの異なったたんぱく質が発現している。同大学医学系研究科の加藤幸成教授のグループは、たんぱく質に付加された糖鎖の違いや付加位置に着目し、この糖鎖を見分ける抗体を作製する方法を開発した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)