「今のバイオインフォマティクスの課題をクリアするために新しい技術を取り入れたいと考えた」。京都大学iPS細胞研究所初期化機構研究部門山中研究室特定拠点助教の渡辺亮氏は、情報解析技術にノウハウを持つPreferred Infrastructure(東京・文京、西川徹代表取締役社長、以下PFI)と共同研究を開始した狙いを語った。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)