さて、MSDが我が国において世界で初めて販売認可を得て、年内に発売する画期的な睡眠薬「ベルソムラ」の標的はオレキシン受容体です。オレキシンは、我が国の研究者が逆薬理学によってオーファン受容体から世界で初めて同定したリガンドです。オーファン受容体のリガンド探しで世界をリードした武田薬品が今年、肝毒性を理由に(私は本当の理由は利益確保のためと疑っています)画期的な糖尿病治療薬となる可能性があったTAK-875のフェーズIII臨床試験を昨年12月に中断したのとは雲泥の差が生じました。TAK-875はオーファンGPCRの一つGPR40であり、武田薬品開拓研究所がそのリガンドが長鎖脂肪酸であることを突き止めていました。糖尿病薬の新しい標的医薬となる可能性があり、まったく勿体ないことをしたものです。

 ここからは申し訳ありませんが、Wmの憂鬱Premiumサイト(https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/)から有料でお読み願います(個人カード払い限定、月間500円で100本まで読み放題)。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら