世界保健機関(WHO)は2014年8月12日、アフリカ西部で広がっているエボラ出血熱に対して未承認薬を使用する是非について、医療倫理の専門家による協議を行った結果、倫理的に問題ないとの合意に達したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)