今年3月、米臨床腫瘍学会(ASCO)のワーキンググループが、がんの臨床試験における「臨床的に意味のある結果」として高い基準値を示し、話題となった(JCO.2013.53.8009. Epub 2014 Mar 17)。膵がん、肺がん、乳がん、大腸がんを対象に、今後臨床試験の結果として求められる全生存期間(OS)の延長分やハザード比を具体的に示している。このASCOが示した視点(ASCO perspective)は今後のがん治療薬開発にどのように影響を与えるのか。がん治療に長く携わってきた西條長宏氏(現 日本臨床腫瘍学会事務局特別顧問)に、どう受け止めるべきかを聞いた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)