米Idera Pharmaceuticals社は2014年8月6日、開発中の遺伝子サイレンシングオリゴヌクレオチド(Gene Silencing Oligonucleotides:GSOs)の前臨床試験において、新生血管形成を制御するmicroRNAsの阻害効果が示唆されたと発表した。新生血管形成は組織の血管増殖に関与し、心血管疾患からの回復に重要な役割を果たす。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)