がん細胞と正常細胞の間で糖鎖パターンの異なったたんぱく質が発現している。これを標的とすれば、副作用の少ない抗がん剤を開発できる。さらに糖鎖研究を加速させる技術にもなるだろう。東北大学大学院医学系研究科地域イノベーション戦略支援プログラム教授の加藤幸成氏は、同氏らが開発した糖鎖を含む抗原を認識する抗体を作製する技術の応用について期待を語る。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)