LSIメディエンス(旧三菱化学メディエンス)は、ヒトiPS細胞由来の心筋細胞を用いて、副作用を予測するシステムを開発したことを2014年7月2日に発表した。同社の創薬支援事業本部の井上裕章副本部長、長田智治氏、関島勝氏に、新技術の意義や今後の展開について話を聞いた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)