幹細胞分野で著名な研究者である京都大学物質-細胞統合システム拠点(WPI-iCeMS)の中辻憲夫教授が2014年1月、幹細胞の産業応用促進などを目的に幹細胞イノベーション研究所(京都市下京区、加藤謙介社長)を設立した。コンサルティングサービスの受注や事業会社の設立を達成するなど、実績を挙げつつある。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)