2013年度の製薬業界は円安による海外売り上げの増加により業績が本格回復した。「イクスタンジ」や「パージェタ」など大型化を期待できる製品が国内で発売された。法整備をきっかけにアステラス製薬と大日本住友製薬が再生医療への参入を表明した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)