早稲田大学の調査委員会は2014年7月17日、理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB)小保方晴子ユニットリーダー(RUL)が早大大学院先進理工学研究科所属時に執筆した博士学位論文に関して、調査結果の概要を公表した。数日以内に、詳細な調査結果が公表される見込みだ。調査結果を受け、早大は今後、対応を検討する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)