in silicoスクリーニングコンテスト、wetなキナーゼアッセイで活性が認められる化合物を同定

(2014.07.18 00:00)1pt
加藤勇治

 NPO法人の並列生物情報処理イニシアチブ(IPAB)が開催したコンテスト「コンピュータで薬のタネを創る」の発表会・表彰会が、7月17日に開催された。10チームが参加し、実際にキナーゼアッセイで阻害活性が認められる化合物が複数同定された。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧