NPO法人の並列生物情報処理イニシアチブ(IPAB)が開催したコンテスト「コンピュータで薬のタネを創る」の発表会・表彰会が、7月17日に開催された。10チームが参加し、実際にキナーゼアッセイで阻害活性が認められる化合物が複数同定された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)