中国Beike Biotechnology社(北科生物社)は、2014年7月10日、同国の国家食品薬品監督管理局(SFDA)から、ヒト臍帯由来間葉系幹細胞(UC MSCs)を全身性エリテマトーデス(SLE)治療に用いる治験許可申請に関する審査を開始したという通知を正式に受理したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)