米Biotechnology Industry Organization(BIO)と米Battelle研究所は2014年6月24日、米バイオサイエンス産業の過去11年間の成長を分析した「Battelle/BIO State Bioscience Jobs, Investments and Innovation 2014」と題する報告書をリリースした。報告書は、米バイオサイエンス産業は最近までの景気後退と景気回復の兆しを通して、ポジティブな傾向にあると結論付けた。バイオサイエンス産業は01年から2012年にかけて力強い成長を見せ、深刻な景気後退の中を他のどの産業界よりも上手にかじ取りをし、再び成長の兆しを見せ始めた、と報告書にある。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)