厚生労働省は2014年7月4日、22成分32品目を新医薬品として承認した。がん領域では「オプジーボ」(ニボルマブ、小野薬品工業)と「アレセンサ」(アレクチニブ、中外製薬)が、感染症領域では「ダクルインザ」(ダクラタスビル、ブリストル・マイヤーズ)などが世界初となる承認を取得した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)