アサヒグループホールディングス(アサヒグループHD)傘下のカルピス発酵応用研究所は、カルピスが保有する乳酸菌Lactobacillus gasseri CP2305株を用いた殺菌発酵乳がリラックスや安眠の効果を発揮すること、CP2305株の菌体が脳腸相関を通じて整腸効果をもたらすことを、徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部ストレス制御医学分野の六反一仁教授との共同研究で見いだした。2014年7月3日から4日に徳島市で開催された日本睡眠学会第39回定期学術集会で、この成果を発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)