理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB)の相澤慎一特別顧問と、理研神戸事業所の齋藤茂和所長は2014年7月2日、CDB内で会見を開き、CDBの小保方晴子研究ユニットリーダー(RUL)が参加する「STAP現象の検証計画」について詳細を説明した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)