降圧薬「バルサルタン」に関する臨床研究不正問題ではノバルティスファーマの元社員が薬事法違反で逮捕され、またSTAP細胞騒動も細胞が捏造された疑いが強まり、世間の注目を浴びた“研究不正疑惑”は残念ではあるが収束の方向が定まったようだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)