ビッグデータを用いた創薬、製薬企業はヒトでの薬効・副作用予測をアカデミアに期待

(2014.06.20 15:30)1pt
高橋厚妃

 2014年6月19日、在日米国商工会議所(ACCJ)関西支部主催によるセミナー、「遺伝子解析の研究と医療・創薬への応用」が神戸国際会議場で開催され、ITやスーパーコンピューターによる医療と創薬の可能性と課題について議論された。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧