2014年6月13日、岡山大学で「第3回スーパーコンピューター『京』と生命科学」が開催され、京都大学医学研究科の奥野恭史教授が講演の中で、2013年度の「京」を利用した薬の探索プロジェクトの進捗状況を説明した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)