STAP問題で再発防止策を検討していた「研究不正再発防止のための改革委員会」(委員長は新構造材料技術研究組合の岸輝雄理事長)は2014年6月12日、「研究不正再発防止のための提言書」を発表した。STAP問題の背景には、「研究不正行為を誘発したり、研究不正行為を抑止できない組織の構造的な欠陥があった」と指摘し、理研発生・再生科学総合研究センター(CDB)の早急な解体やCDB上層部の刷新を求めた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)