文部科学省が行ったポストドクター等の雇用・進路に関する調査(2009年4月1日~2010年3月31日在籍者)では、研究機関や大学で、約17,000人(延べ人数)が任期付きの研究員、いわゆるポストドクターとして雇用されていることがわかっている。年齢は30~34歳が最も多く、博士課程修了後平均4~5年の人が中核を占めていた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)