iPS細胞の臨床適用の前に立ちはだかる壁の1つは、患者自身に由来する細胞であっても、移植後に免疫系によって拒絶されてしまうことだ。米Stanford大学医学部の研究者たちは、分化が終わったiPS細胞を移植すれば、免疫系からの攻撃を回避できる可能性をマウスで示した。詳細はNature Communications誌電子版に、2014年5月30日に報告された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)