大阪大学免疫フロンティア研究センターなどの研究者たちが、マウスモデルを用いて、脳マラリアの発症と進行に脳内の嗅球領域での生理的、機能的変化が重要な役割を果たすことを明らかにした。詳細はCell Host & Microbe誌電子版に、2014年5月14日に報告された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)