米Massachusetts総合病院(MGH)のCurtis Cetrulo氏らは2014年5月27日、異種移植時の超急性拒絶反応に関わる分子をノックアウトしたミニチュアブタの皮膚をヒヒに移植する実験を行い、この組み換えブタが重症熱傷治療のための皮膚移植片の提供源として有望であることを示したと発表した。研究の詳細はTransplantation誌電子版に、2014年5月3日に報告された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)