現在、厚生労働科学審議会技術部会に参加しています。技術部会の座長は自治医科大学の永井良三学長であり、先週金曜日に参議院で可決、今国会で成立した日本医療研究開発機構(2015年4月発足)の理事長に就任するのではないかと下馬評に上がる医師であります。ぶしつけにも委員会終了後、先生が理事長になるのですか? と質問すると「僕はやらないよ。大学の方が重要だから」とにべもない返事でした。では一体、いわゆる日本版NIHと目される日本医療研究開発機構がまともに医療イノベーションをわが国に実現するために、何が必要なのか?

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら