米Pennsylvania大学Abramsonがんセンターなどの研究者たちは、抗マラリア薬のヒドロキシクロロキン(HCQ)ががん患者において、オートファジー(自食作用)を阻止することにより臨床利益が得られる可能性があることを示した。6件の研究結果の詳細は、米テキサス州で開催されるKeystoneオートファジーシンポジウムで5月26日に発表され、Autophagy誌電子版でも同日公開された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)